RuffRuff App RuffRuff App by Tsun

スマホでデジタル顕微鏡!ミクロハンターブログ

雑誌「AERA with Kid」で紹介されました!

雑誌「AERA with Kid」で紹介されました!

スマホ用顕微鏡レンズ「ミクロハンターキット」が、AERA with Kids(朝日新聞社出版の雑誌)で紹介されました。初めて読んだのですが、子育て中の親御さんが関心ありそうなコンテンツがたくさん詰まった雑誌ですね。雑誌はAmazonでも購入できるそうですamzn.asia/d/aZ5f8Ft -------------------------------------------- ミクロハンター公式ショップは下記URLへ!https://bit.ly/46Mk8eu

雑誌「AERA with Kid」で紹介されました!

スマホ用顕微鏡レンズ「ミクロハンターキット」が、AERA with Kids(朝日新聞社出版の雑誌)で紹介されました。初めて読んだのですが、子育て中の親御さんが関心ありそうなコンテンツがたくさん詰まった雑誌ですね。雑誌はAmazonでも購入できるそうですamzn.asia/d/aZ5f8Ft -------------------------------------------- ミクロハンター公式ショップは下記URLへ!https://bit.ly/46Mk8eu

【スマホで顕微鏡観察!】田んぼで様々な微生物の採取&観察

【スマホで顕微鏡観察!】田んぼで様々な微生物の採取&観察

我が家から車を30分ほど走らせたところに田園地帯がある事を知り、7月下旬頃に訪れてみました。 ここは本当に東京?と思ってしまうほど広々と田んぼが広がっていて、夕日に青い葉が揺れていました。   今回この場所に訪れた目的のひとつは、 ミジンコをゲットすること! 家からもっと近いところにも田んぼはあるのですが、カイミジンコという別種の生き物しか採取できなかったのです。。。 こんなやつ(画像クリックするとTwitterが開きます) ↓ ↓ ↓   川や池でも水を採取したりもしたのですが、なかなか普通のミジンコが見つからず・・・ そして今回、情報を得てこのある田んぼに来たのですが・・・ ガビーン、干からびてる・・・ 暑い日が続いた上に、何日も雨が降っていなかったので、土がわずかに湿っている程度でした。でもこんなことであきらめる私ではありません。水たまりになっているところがないか田んぼ脇の道を歩き回りました。 そして!見つけました、水! 良かった~、わずかに残っていた水たまりからプラスチック容器を使って採取!  結果は・・・ なんかミジンコいそう!微生物がたくさん捕れました〜 早速、家に持ち帰った微生物たちをミクロハンターレンズで観察してみます。 【今回使用した顕微鏡観察道具】 ★ミクロハンターキットLite ★ホールスライドガラス※ミジンコをつぶさないようにするため ★カバーガラス  それでは、まずはお目当てのミジンコから! ↑ケンミジンコは特徴的なので分かりやすいですね。 ん?よく見ると背中に何かいます。ピントを合わせてみましょう。 背中にミジンコの赤ちゃんがいました! 実はミジンコは、無性生殖と有性生殖のどちらも可能ってことを知っていましたか? ★無性生殖・・・雌だけで増殖。卵から赤ちゃんになるまで胎内で育てます。環境が良いと生まれるのは全部雌です。 ★有性生殖・・・環境が悪くなると雄を生み、雄と雌の間で有性生殖を行うようになります。そして「耐久卵」というもの作ります。これは乾燥に強く、長い年月が経っても環境が良くなればまたミジンコが生まれます。 さきほどの写真のミジンコは、今にも干上がりそうな水たまりから採取したので、胎内にいるのは雄だったかもしれませんね。...

【スマホで顕微鏡観察!】田んぼで様々な微生物の採取&観察

我が家から車を30分ほど走らせたところに田園地帯がある事を知り、7月下旬頃に訪れてみました。 ここは本当に東京?と思ってしまうほど広々と田んぼが広がっていて、夕日に青い葉が揺れていました。   今回この場所に訪れた目的のひとつは、 ミジンコをゲットすること! 家からもっと近いところにも田んぼはあるのですが、カイミジンコという別種の生き物しか採取できなかったのです。。。 こんなやつ(画像クリックするとTwitterが開きます) ↓ ↓ ↓   川や池でも水を採取したりもしたのですが、なかなか普通のミジンコが見つからず・・・ そして今回、情報を得てこのある田んぼに来たのですが・・・ ガビーン、干からびてる・・・ 暑い日が続いた上に、何日も雨が降っていなかったので、土がわずかに湿っている程度でした。でもこんなことであきらめる私ではありません。水たまりになっているところがないか田んぼ脇の道を歩き回りました。 そして!見つけました、水! 良かった~、わずかに残っていた水たまりからプラスチック容器を使って採取!  結果は・・・ なんかミジンコいそう!微生物がたくさん捕れました〜 早速、家に持ち帰った微生物たちをミクロハンターレンズで観察してみます。 【今回使用した顕微鏡観察道具】 ★ミクロハンターキットLite ★ホールスライドガラス※ミジンコをつぶさないようにするため ★カバーガラス  それでは、まずはお目当てのミジンコから! ↑ケンミジンコは特徴的なので分かりやすいですね。 ん?よく見ると背中に何かいます。ピントを合わせてみましょう。 背中にミジンコの赤ちゃんがいました! 実はミジンコは、無性生殖と有性生殖のどちらも可能ってことを知っていましたか? ★無性生殖・・・雌だけで増殖。卵から赤ちゃんになるまで胎内で育てます。環境が良いと生まれるのは全部雌です。 ★有性生殖・・・環境が悪くなると雄を生み、雄と雌の間で有性生殖を行うようになります。そして「耐久卵」というもの作ります。これは乾燥に強く、長い年月が経っても環境が良くなればまたミジンコが生まれます。 さきほどの写真のミジンコは、今にも干上がりそうな水たまりから採取したので、胎内にいるのは雄だったかもしれませんね。...

Apple製品系の雑誌「Mac Fan」で紹介されました!

Apple製品系の雑誌「Mac Fan」で紹介されました!

アップル製品全般の豊富な情報をわかりやすい内容・わかりやすい記事で発信している情報雑誌「Mac Fan」。 そのMac Fanの2023年5月号でミクロハンターレンズが取り上げられました! 店頭に並んでいるのを見かけたら、ぜひ手に取って見てみて下さい。 -------------------------------------------- ミクロハンター公式ショップは下記URLへ!https://bit.ly/46Mk8eu  

Apple製品系の雑誌「Mac Fan」で紹介されました!

アップル製品全般の豊富な情報をわかりやすい内容・わかりやすい記事で発信している情報雑誌「Mac Fan」。 そのMac Fanの2023年5月号でミクロハンターレンズが取り上げられました! 店頭に並んでいるのを見かけたら、ぜひ手に取って見てみて下さい。 -------------------------------------------- ミクロハンター公式ショップは下記URLへ!https://bit.ly/46Mk8eu  

全国ニュース THE TIME で紹介されました!

全国ニュース THE TIME で紹介されました!

2023年1月19日、TBSのザタイムで「話題のスマホレンズ」として全国ニュースになったので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。もちろん録画はしたのですが、著作権の関係で放送をお見せする事ができないのが残念です。 テレビを見てミクロハンターレンズを知り、クラウドファンディングサイトでご購入下さった方もたくさんおられました。タイムリーに取り上げて頂きとても感謝でした。   -------------------------------------------- ミクロハンター公式ショップは下記URLへ!https://bit.ly/46Mk8eu

全国ニュース THE TIME で紹介されました!

2023年1月19日、TBSのザタイムで「話題のスマホレンズ」として全国ニュースになったので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。もちろん録画はしたのですが、著作権の関係で放送をお見せする事ができないのが残念です。 テレビを見てミクロハンターレンズを知り、クラウドファンディングサイトでご購入下さった方もたくさんおられました。タイムリーに取り上げて頂きとても感謝でした。   -------------------------------------------- ミクロハンター公式ショップは下記URLへ!https://bit.ly/46Mk8eu

米国大手ニュース誌 TIME の「2022年最高の発明品」に選出!

米国大手ニュース誌 TIME の「2022年最高の発明品」に選出!

(サムネ画像:TIME誌から引用) ミクロハンターレンズのひとつが、米国大手ニュース誌の「TIME」の2022ベスト・インベンション の一つに選ばれました! TIMEは毎年、「世界をより良く、よりスマートに、少しでも楽しくする発明品」を厳選し、製品を紹介しています。ミクロハンターレンズは、その2022ベスト・インベンションの家電部門で「A Smartphone Microscope」と題して紹介されています。 -------------------------------------------- ミクロハンター公式ショップは下記URLへ!https://bit.ly/46Mk8eu

米国大手ニュース誌 TIME の「2022年最高の発明品」に選出!

(サムネ画像:TIME誌から引用) ミクロハンターレンズのひとつが、米国大手ニュース誌の「TIME」の2022ベスト・インベンション の一つに選ばれました! TIMEは毎年、「世界をより良く、よりスマートに、少しでも楽しくする発明品」を厳選し、製品を紹介しています。ミクロハンターレンズは、その2022ベスト・インベンションの家電部門で「A Smartphone Microscope」と題して紹介されています。 -------------------------------------------- ミクロハンター公式ショップは下記URLへ!https://bit.ly/46Mk8eu